院長のご挨拶

皆様の日頃のご支持のお陰を持ちまして、平成23年の4月よりスタートした当院も7年目を迎えました。

誠に有り難う御座います。


思えば、開院の準備に明け暮れていたあの頃、3.11の震災により日本中が大きな悲しみと絶望感に包まれていました。

当院の患者様のご家族の方の中にも被災された方もあり、我々も他人事では無く、極身近な問題として今尚、日々実感されています。

しかし、被災地の方々や、ご協力されている行政やボランティアの方々の頑張りに、勇気を頂き、自分たちの果たすべき責任について自覚させられています。

それから、熊本や大分、鳥取と大きな災害が続く度に勇気と優しさが、人々を励まし力づけてゆく様を見て、「人を癒やすのは、やはり人の心」なのだと、思い知らされます。


当院でも、患者様の様々な痛みや健康上の諸問題に日々取り組んで参りましたが、「心」を込めてお一人ずつ丁寧に対応させて頂く事を決して忘れてはならないと新たに思っています。

これからも、皆様のお力に微力ながらも添えますよう、努めて参りたいと思います。

今後とも当院をよろしくお願い致します。                                                                       さかまつ鍼灸治療院 院長 坂松潤一